身体が硬い人ほど効果大!?強めよりもゆるめのヨガ

by admin on 2015年7月11日

完成ポーズにこだわらなくて大丈夫!

ヨガときくといろいろなポージングを思い浮かべるかと思いますが、そもそも身体が硬くてそんなポーズはできないと最初からあきらめていませんか。お手本となるような先生やヨガの上級者のようなポージングまでいかなくてもゆるく動かすだけで効果は期待できるのですよ。やっているうちに、柔軟性もついてくるので心配しなくていいのです。また、身体の硬い人や運動習慣のない人ほど、身体がよく反応するので効果も出やすいでしょう。

脱力して心を穏やかに

力を抜いてといわれ、自分では脱力しているつもりでも、どこかに力が入っているということはよくあるようです。身体を緊張状態から解放させてあげることは、とても大事なことで、ヨガの一連のポーズを終えたら身体から力を抜いてゆったりと呼吸してみましょう。交感神経優位だった自律神経のバランスがリセットされて、副交感神経が非常に高まるので、心がとても穏やかになりますよ。日常的にもゆっくりと呼吸をするようにすると、不快やイライラ、不安や恐怖といった負の感情のコントロールをしやすくなるでしょう。

毎日でも続けられそうなポーズをみつけて

完成ポーズについてはこだわりすぎると、逆に筋肉が緊張して効果が得られなかったり、思わぬケガを招くことにもなりかねないので注意しましょう。自分にぴったりのヨガとは心身ともにリラックスできて、毎日でも続けたいなと思えるようなものであることがポイントです。ヨガの狙いとは、心が穏やかで充実した人生を送ることですので、レッスンの時間や自宅でヨガマットを広げている時だけリラックスして、あとはめちゃくちゃというのでは効果もあがりません。ヨガで練習した呼吸や姿勢、考え方ができるように心がけてみましょう。

ホットヨガの埼玉であれば無理をすることなく継続出来る内容で脂肪もしっかりと落とすことが可能になっています。

Comments are closed.